新築祝いの金額相場

兄弟や親戚、友人などが自宅を新築された時など、新築祝いを贈る機会もあるかと思います。新築祝いの金額は、贈る人と贈られる人とが、どのくらい親しい間柄であるかによって、決まってきます。普段の付き合いの程度で、金額を判断しましょう。新築祝いの金額相場は、友人なら5千円前後が一般的です。但し、親しい友人の場合なら、1万円を贈ることも珍しくありません。親戚兄弟なら、もう少し高く、1万円〜3万円です。時には、5万円〜10万円といった金額もあります。一人で贈られても、複数の人が連名されても良いでしょう。
お祝いを贈ると、頂いた側は、お返し(内祝い)をするのが習慣です。お祝いをする時は、予めお返しのことも頭に入れておきましょう。

新築祝いのマナー

お礼の 手紙・はがきの書き方文例

新築祝いを贈るタイミング、時期については、新築時の1週間前後を目安にすると良いでしょう。新築披露がある場合には、新築披露の1週間前から前日までに贈りますが、当日に持参されても良いでしょう。また、新築披露の当日は菓子折り、酒などを持参し、部屋の様子、雰囲気などを拝見し、後日適当なものを、贈るやり方でも構いません。ただ、 遅くとも一ヶ月以内には贈るようにしたいですね。
新築祝いの贈り物として、適さないものがあります。ライター、ストーブや灰皿など火を連想させるものです。同じ様な意味合いから、花などを贈る場合にも、赤い色は避けたほうが無難です。また、絵画や掛け時計などは、好み、スペースの有無、壁に穴をあけてもよいかなどをお聞きしてから、贈るのが確実です。新築祝いは、相手の好み、必要なものが分からないと決め難くい面があります。その点カタログギフトや商品券なら、相手が好きなものを選ぶことができますね。
新築祝いののしの表書きについては、「御新築御祝」、「御新築祝」、「祝御新築」とするのが通例です。マンションや中古住宅などを購入された場合には、「御新居祝」、「御祝」と書きます。なお、新築祝いを贈る際に、簡単なメッセージを添えるとより喜ばれます。

新築祝いの贈り物

◆1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

個人にとって、家を新築するのは、一生に一度あるかないかの大切なイベントです。新築祝いは、相手に喜ばれ、かつ記念に残る品を選びましょう。
新築祝いの贈り物として、一般的なプレゼントは、新居に必要な家具、インテリア、小物商品などのギフト類です。例えば、
1.家具・・・座敷机、座卓、本箱など
2.電化製品・・・照明器具、トースター、電気ポット、コ−ヒ−メ−カ−など
3.インテリア・・・観葉植物、鉢花、盆栽、フラワーベース、カーテン、カーペットなど
4.小物商品・・・クッション、置き時計 掛け時計、花瓶、タオル、傘立て、壁掛け、ミラー、掛け軸、スリッパラック、マガジンラック、レ−スのテ−ブルセンタ−、玄関マット、温度計、手作り置物など
5.キッチン用品・・・やかん、大皿、お盆、シュガ−ポットなど
6.その他・・・カタログギフト お菓子、産地直送グルメ品など
新築の場合、部屋数も以前より増え、新しい商品を揃える必要もあることから、インテリア関連、小物用品などは、値段も手頃でもあるため、人気の祝い品です。但し、こうした品は、趣味嗜好の要素も強いため、聞いてから贈るようにしたいですね。また、兄弟姉妹が相談し、一緒にお金を出し合えば、より高価な記念の品を贈ることができますので検討してみてください。

Copyright © 2008 新築祝いなら@贈り物・プレゼントと相場金額