内祝いと引き出物

「引出物」は披露宴に限らず、宴席などで配られるお土産のことを指します。結婚式、披露宴をもうけた場合、招待客側は持参した祝儀をもって結婚祝いとし、結婚した側は、式場で渡す引き出物類をお返しとするのが一般的になっています。結婚式をしなかったり、披露宴に招待しなかった人からお祝いをもらったり、「引出物」がお返しとして不十分だったりした時のお返しを「結婚内祝い」と呼びます。
結婚内祝いにかける「のし」は、引出物と同様、紅白水引が10本、結び切りになったものを用います。表書きは、引出物の「寿」に対して、「内祝」とするのが一般的です。水引の下には、新姓のみを書くか、あるいは夫婦の連名(夫の姓名と並べて妻の名前)を書きます。

贈り物の相場とマナー

お礼の 手紙・はがきの書き方文例

★楽天ギフトセンターはこちら!

お返しの相場は、いただいた金額や品物の価格の3分の1から半分程度です。ご祝儀と同じような金額であれば、引出物として選んだ品物と同じでも構いません。披露宴後でも会場に注文すれば、ほとんどが取り寄せてくれます。のしも「内祝いで」と指定すれば対応してくれます。いただいたお祝いと贈り主のリストを作っておくと、便利です。披露宴で、ご祝儀以外に、高価なプレゼントをいただいたり、相場よりも高額なご祝儀をいただいたりした場合は、プラスしてお返しを考えると良いかも知れません。
内祝いは、挙式・披露宴の1ヶ月以内にするのがマナーとされます。近くの方にはご挨拶と共に、手渡しで贈るのが基本。写真などを持参して、挙式・披露宴の様子を報告するのも喜ばれるでしょう。遠方の方には郵送することになりますが、その場合はお礼状を添えて贈ります。

贈り物のポイント

結婚は、新郎新婦だけでなく、両家の両親にとってのお祝いという意味合いもあります。明らかに親(家)宛にいただいたお祝いであれば、お返しの表書きは、新郎の家、または新婦の家の姓にしましょう。
お受け取りになられる方によっては、どなたからの贈り物かをわかるように旧姓などを追加で書く必要があります。 新婦の親戚に新郎の名前のみ、または、新郎の親戚に新婦の名前のみでお贈りになられると、受け取っていただけないケースもあるようです。
相手の嗜好や環境、生活状況を考えて贈りましょう。砂糖や鰹節などの伝統的なお祝いギフトを添えるのも良いでしょう。ひとりひとりのお好みの品などをご用意するのが困難な場合は、カタログギフトが便利です。先様がお好みの品を選んでいただけるので、大変喜ばれます。例えば、近所や同僚などへは、赤飯代わりの簡単な品物を。友人には実用的なものを。親戚には、記念になるようなものを。年配の人へは祝儀用品が無難なところです。

★書き方 のマナーとコツ
Copyright © 2008 結婚内祝いなら