還暦祝いのプレゼント〜赤いちゃんちゃんこなど

還暦は、人生の節目であり、父親や母親、或いは親戚、知人などに対し、これまでお世話になった感謝と、尊敬の気持ち込めて、プレゼントの贈り物をしたいですね。還暦祝いのギフトとしては、赤いちゃんちゃんこを連想しますね。赤い色は、「幸運」、「元気」もたらすと言われ、赤いちゃんちゃんこを、還暦の祝いにプレゼントするのは、長寿祈願の意味が込められています。ただし、最近は、ちゃんちゃんこもいろいろな色が選択できるようになっています。

還暦祝いのお勧め人気ギフト

★書き方 のマナーとコツ

★楽天ギフトセンターはこちら!

還暦祝いの贈り物として、ちゃんちゃんこや下着、身に付ける物以外にも、人気・お勧めギフトがあります。特に、お花(花束)、お酒、ワイン、詩・イラスト、旅行券、食事、更には、置き時計・腕時計、ジュエリー、メガネチェーンなどが、還暦祝いのランキングにも登場する人気ギフトです。
還暦祝いの花としては、赤バラの花束が人気ギフトです。バラも50本〜100本を贈り、還暦祝いを豪華に演出します。金額は、バラの本数によりますが、3千円〜1万5千円です。バラ以外に、季節の花などを選んでも良いでしょう。
また、詩・イラストを還暦の記念品に贈るもの喜ばれます。暦を迎えられる方の名前の文字やこれまでのエピソードなどの情報を元に、専門業者に「詩」を考えてもらい、墨字で詩を、色鉛筆や絵の具でイラストを描いてもらいます。詩やイラストの内容、レイアウトは、予め業者と相談して決めます。値段もネットだと、7千円程度です。

お礼の 手紙・はがきの書き方文例

還暦祝いの時期

還暦とは、干支(えと)が一巡し、生まれた年の干支に戻ることです。正式には、満60歳になる年の1月1日に還暦を迎えますが、現在では、満60歳(数え年61歳)の誕生日に、還暦祝いをするのが通例です。
還暦祝いは、もともとは中国の風習で、日本では、奈良時代に伝わり、江戸時代に庶民の間に広がったと言われています。還暦の日には、伝統的に、赤の頭巾や赤のちゃんちゃんこなどを贈る習慣があります。魔除けと共に、生まれた時に着ていた赤色の産着を再び着て祝う意味があります。現在は、60歳を過ぎても、まだまだ現役でバリバリと仕事をしたり、元気に活躍されておられる方が多数いますね。でも、人生の節目としての記念日をお祝いする気持ちは変わらないでしょう。
ホテルやレストランで還暦祝いのパーティーを企画したりする場合もあります。招待状や案内状は、事前に送付し、当日は、司会の挨拶に始まり、お祝いする人・される人のあいさつ、感謝の言葉があり、食事を一緒に取ります。大きなケーキを準備するのも盛り上がります。
なお、還暦祝いのマナーとしては、のしに「還暦祝」、「お祝」などと書き、その下に贈り主のお名前を書きます。贈られた人は、お返しと、お礼のメッセージ、今後の抱負の言葉などを添えます。

Copyright © 2008 還暦祝いのプレゼント・贈り物なら