開店・開業祝いの相場金額

開店、開業の初日などに、店舗の前や入口付近に、よくお祝いの花かごや酒などが飾られていますね。事業が順調にいくよう、開店・開業は景気良くスタートしたいものです。開店、開業祝いは、幸先良くの願いを込めて、贈りたいものですね。開店、開業祝いの場所は、事業の種類によっては、開店した店舗ではなく、ホテルや料亭などで、開催されることもあります。知人、友人、お世話になった方々、これからの取引関係者、得意客、地域の方々などが、招待される場合がほとんどです。
そのような、開店祝い・開業祝いの金額の相場ですが、1万円程度が最も多く、一般的には、1万円〜3万円位です。



開店・開業祝いの贈り物ギフト

★書き方 のマナーとコツ

◆1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

開店や開業のお祝いは、現金でも品物でもどちらでも構いません。ギフトを贈る場合は、商売繁昌を祈る気持ちをこめた花や、飾り物、店舗で使う実用品などがあります。開店祝い・開業祝いの一般的なお祝いの品としては
1.花関係・・・胡蝶蘭などの鉢、花輪、スタンド花、観葉植物、アレンジフラワーなど
2.飾り物・・・招き猫、「大入り」の額、発展「恵比須・大黒」、人形、などの縁起物
3.実用品・・食器、時計、傘立て、花瓶、マガジンラック、タオル、スリッパなど
4.その他・・・日本酒、紅白ワイン、ウイスキー
例えば、お花を贈る時でも、店舗の作りや業種などにより、贈る花のイメージが異なってきます。花の種類も蘭、カトレア、シンビジウムなどがあり、アレンジ方法もたくさんあります。お花屋さんと相談してみると良いでしょう。

開店・開業祝いのマナー

お礼の 手紙・はがきの書き方文例

開業、開店の日は、独立開業・創業者にとって、これまでの願いがかなった日です。様々な苦労を乗り越え、大きな夢の実現に向けた、門出の日です。開業祝い、開店祝いは、これまでの苦労をねぎらい、成功を祈ってお祝いするものとなります。
開業・開店祝いは、お祝い品なら、オープン前日までに届くようにします。「さいさき良く」、という意味を込め、開店初日の午前中に贈るという習慣もあるようですが、あまり感心しません。開店当日は、多忙が予想されるからです。オープニングパーティーなどの出席される場合には、その時直接本人に、『おめでとう』の言葉を添えて、お祝い金を手渡すのが良いでしょう。遠方で出席できない場合、欠席する場合は、祝電や花を贈れば、気持ちが伝わります。
のしをつける際は、『開店御祝』 『祝御開店』 『開業御祝』 『祝御開業』と書き、水引は、金銀蝶結び、白赤の蝶結びにします。
お祝いの祝辞やメッセージを述べる時は、「御開業おめでとうございます。今後の御成功と御活躍をお祈り申し上げます。」と言う感じで述べると良いでしょう。但し、「火」、「煙」、「焼ける」、「燃える」などの言葉や、「傾く」、「つぶれる」、「こわれる」など、倒産や不振、閉店を連想させるような忌み言葉は避けます。

Copyright © 2008開店祝い・開業祝いの贈り物、金額、マナー