出産内祝いとは

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を、身内、親しい方々、その他出産にあたってお世話になった人達の間でお祝いする祝いでした。ですから、出産祝いは、赤ちゃんをお披露目して、一緒に祝うという意味合いも含んでいます。出産内祝いは、出産のお祝いに対する、感謝・お礼のしるしとしてお返しするものです。 お祝い返しの相場金額は、頂いた金額相当額の「半返し」が一般的で、半額に相当するギフトを選んでお返しするのが通常です。内祝いを先に贈り、 その慶び事を「倍で返す」という習慣が元々はありましたが、現在は逆の形になっています。

出産内祝いのマナー

★書き方 のマナーとコツ

お礼の 手紙・はがきの書き方文例

出産内祝いを贈る時期は、生後約1ヶ月までにするのが一般的です。お宮参りの頃もその時期になります。実際、お宮参りをした帰りに、お世話になった方々へ挨拶まわりをする風習が残っている地域もあるようです。ただ、出産後のお母さんと赤ちゃんの体調にあわせて考えれば良いでしょう。遅くとも、生後2ヶ月頃までに内祝いをしておきたいですね。
内祝いで気をつけておきたいのは、出産のお祝いを頂戴した場合、まず、頂いた方に対し、感謝の気持ちを伝えることです。出産時は、何かと忙しく、母親の体調も回復していないことも多いのですが、出来るだけ、内祝いを送る際には、簡単な文面で構いませんので、挨拶文、お礼状を書くようにしましょう。メッセージカードにお子様の名入れをしても良いでしょう。挨拶文、お礼状などの文面は、インターネットから必要によりダウンロードすることもできます。
出産内祝いのギフトを贈る場合のマナーの内、のし紙の表書きには「内祝」または「出産内祝」と書き、名入れは、誕生されてお子様のお名前にします。

おすすめ人気ギフト

内祝い(内祝) カタログギフト カタログチョイス サテン

内祝い(内祝) カタログギフト カタログチョイス サテン

出産内祝いは、相手の好みに応じ、喜ばれそうなギフトを。
遠方の親戚や、普段あまり付き合いのない方等、好みの分らない場合は、人気カタログギフトや、タオルや紅茶セット、コーヒーセット、お米等の日用品で、少し上質のおすすめ定番商品、ランキングギフトを送れば間違いないでしょう。配達は、高島屋、三越、伊勢丹、大丸、そごう、ベルメゾンや、或いは楽天など通信販売でも差し支えありません。
すぐに会いに行くのが難しい場合、赤ちゃん、両親の写真画像を使った内祝いをしましょう。例えば、赤ちゃんの写真をあしらった出産内祝いカード、写真を数枚入れたアルバム等のように。

Copyright © 2008出産内祝いなら